まだまだ世の中、捨てたもんじゃねぇ~

標準

もう少し待ってろよ!
直ぐに金作ってきてやるからな!

まだまだ世の中、捨てたもんじゃねぇ~
落ちぶれたって、貧乏だって、メシが食えなくたって、医者に行けなくたって、薬が買えなくたって助けてくれる人がいる。

平成の世もお先真っ暗かと思ったが存外、良い学校でバレないカラコンはいるもんだぜ!

人間、死ぬまでは生きてるんだ!
死ぬまで必死に生きろ!
生きてる内から死んでからのことなんざ考えたって、お釈迦様でも知りますめぇ~

てやんでぇ~い!
ってんだ!
頑張れよ、オイラの腎臓。
中学の登山部時代、「ハッコウダ!」と称して登山道を無視した歩き方をした。
県体に国体、インターハイだったか色々と大会があってその都度優勝候補に挙がっていたので登山道を短時間で歩くことが求められていたのだ。

当時、新田次郎原作の『八甲田山 死の彷徨』が映画化されCMが連日流されていたが、あれは2年生ぐらいだったろうか。
誰が始めたか記憶もないし、そんなことはどうでも良い。
我、春日中学登山部は優勝する為にコースタイムの短縮が責務だったのだ。
で、そこで始まったのが「ハッコウダ!」

通常、登山道は山の麓から頂上に向って行くもので徐々に登り詰めて行くのが常套だ。
然し、真っ直ぐ一本道では疲れて仕方が無い上に息が上ってバテの元になる。