アンドロゲン

標準

普段から横向きの状態でテレビを眺めていたり、片手で頬杖をついたり、かかとの高い靴などを日常的に履くということは身体の上下左右の均衡を悪くしてしまう素因になります。
男性だけにある前立腺という生殖器は生育や働きにアンドロゲン、即ち雄性ホルモンが大変深く関わっており、前立腺に発生したガンも同じように、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの影響で大きくなります。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、数多くの研究結果から、予防の効用が見込まれるのは、ワクチン接種日のおよそ2週後から5カ月間程だろうということが判明しています。
予防接種の不活化ポリオワクチンは、代わり、2012年9月1日より予防接種法で接種が推奨されている定期接種になるので、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で注射してもらうに変わりましたのでご注意ください。
いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学上では股部白癬と言われており、かびの一種である白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、臀部などに感染してしまい、寄生してしまった病気であり即ち水虫のことです。
悪性腫瘍である卵巣ガンは、普通なら人体を癌から守る役目を果たす物質を産出するための金型である遺伝子の不具合が原因で発病してしまうということが分かっています。
3つのアミノ酸からできているグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を悪化させたり変異をもたらすような人体に対する有害物質を体の内側で解毒し、肝臓の機能性を促す能力が判明しているのです。
うつ病というのは脳の中で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足することにより、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、なかなか抜けない倦怠感、食欲の低下、焦燥感、顕著な意欲の低下、希死念慮、自殺企図などの深刻な症状が見られます。
「肝臓の機能の低下」については、血液検査のGOTやGPT、γ-GTP(ガンマGTP)等3種類の値によってモニタリングできますが、ここ数年で肝臓の機能が低下している方々が徐々に増加傾向にあるそうです。
環状紅斑(かんじょうこうはん)は輪状、すなわち円い形をした赤っぽい発疹・湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮膚の病気の総称であって、誘因はまさしく様々だといえます。
ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が切れてしまった後に購入できて、新薬と同じ成分で経済的負担が少なくて済む(薬の金額の安価な)後発医薬品です。
世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、人体に有害な紫外線A波のデタラメな浴び過ぎは皮ふに健康障害を誘引するとして、19歳未満の男女がファッション感覚で日サロを使用する活動の禁止を各国に求めている最中です。
今、若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に抗える抵抗力の無い人たちが増加していることや、自己判断のせいで診断が遅れることが素因のアウトブレイクや院内感染が増えています。
不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、特に病気ではなくても現れることがあるのでさほど珍しい疾病ではないのですが、例外として発作が絶え間なくみられる場合は危ないといえます。
もう歯の表面を保護している骨を浸食するまでに時間の経ってしまった歯周病は、たとえ炎症そのものが治まることはあっても、エナメル質が元の量に復活することはないでしょう。