存在

標準

「肝機能の衰退」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)など3種類の値によって判断することができますが、ここ数年の間に肝機能が衰退している人々が明らかに増えているとされています。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質を合成させるために作用する様々な酵素や、細胞や組織などの代謝に深く関係する酵素など、約200種類以上存在する酵素の構築成分として絶対に欠かせないミネラルの一種なのです。
環状紅斑というものは環状、要するにまるい形状をした赤い色の発疹・湿疹や鱗屑など、皮ふの病気の総合的な病名であり、誘因はまったくもって多種多彩だといえるでしょう。
めまいは無いのに、不快な耳鳴りと難聴のみをいつまでも繰り返すパターンのことを「蝸牛型メニエール氏病」と診断する症例が多いようです。
バイ菌やウィルスなどの病気を生み出す病原微生物が口から肺へ入り込んで伝染し、左右どちらかの肺が炎症反応を呈示した事態を「肺炎」と断定しています。
下腹の疼痛の元凶となる疾患には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、子宮の病気など、色々な病名が挙がるようです。
お酒に含まれるアルコールを無毒化する力があるナイアシンは、ゆううつな宿酔に極めて効果的です。嫌な二日酔いの誘引物質といわれるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド)という物質の無毒化にも作用します。
昨今、比較的若い世代で咳が続く結核(けっかく)に抗えるだけの免疫を持たない人達の割合が高くなっていることや、早合点のために診断が遅れることが誘因の集団・院内感染が増加傾向にあります。
最も大きな臓器である肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールが溜まった状態の脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、肝硬変や脳梗塞に始まる色んな健康障害をもたらすかもしれないのです。
AED(Automated External Defibrillator)は医療資格を保有していない一般人でも扱える医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスの手順に従って動くことで、心臓が細かく震える心室細動の処置の効き目を可能にします。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)に存在している血糖値を左右するβ細胞が壊れてしまい、膵臓からはインスリンがほぼ出なくなることによって発病するというタイプの糖尿病です。
吐血と喀血は口から血を吐くことですが、喀血というものは咽頭から肺をつないでいる気道(呼吸器…respiratory system)から出血することであり、吐血というのは無腸間膜小腸より上部の消化管から血が出ることを指しているのです。
音楽の公演の開催される場所やクラブハウスなどに設置されている特別仕様の大型スピーカーの正面で大きな音を聞いて耳が聞こえづらくなることを「急性音響性難聴」と言うことをご存知でしょうか?
BMIを計算する式はどの国にも共通していますが、値の評価基準は国によってそれぞれ違いがあって、日本肥満学会(JASSO)ではBMI22が標準、25以上だと肥満、BMI18.5未満を低体重と定めています。
生殖器である前立腺はその成長や働きにアンドロゲン(男性ホルモン)がとても深く関わっていて、前立腺に現れたガンも同様に、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンに影響されて大きくなります。