明確な証拠

標準

もしも配偶者の不倫問題がわかって、許すことはできず「離婚する」とあなた自身が決断していても、「自分を裏切った相手の顔は見たくもない。」「協議の場にも行きたくない。」といって、相談することもなく正式な離婚届を提出するのはダメです。

離婚条件などの裁判で役に立つ浮気をしていたという明確な証拠としてでしたら、GPSの履歴とかメールやりとりの記録しかないのでは不十分で、浮気中の二人の画像や動画が最高の証拠です。プロの探偵などに依頼して入手するのがいいと思います。

そのときの事情によって違うので、細かな金額を出せないのですが、不倫が主因となって「離婚」となったとおっしゃるのであれば、支払いを求める慰謝料の額は、低くて100万円、高くて300万円くらいが多くの場合の金額と言えます。

夫婦が離婚した場合、その後時効の3年が経過すると、特別な事情がない限り慰謝料の請求が不可能になります。だから、もしも3年の時効完成が来ようとしているのであれば、ぜひ速やかに信用ある弁護士との相談を行いましょう。

不倫の件を白状することなく、思いがけないタイミングで離婚協議を迫られたときは、自分の浮気がバレてしまってから離婚するとなれば、相応の慰謝料を支払うよう求められてしまうので、バレないように画策している場合が多いのです。