脳内に負荷

標準

リードされないように要チェックだ。 「うつ病」という病気は、医者に「うつ病」と言われてからが、本当の「うつ病」のはじまりになる。

実際に、「うつ病」などという病気は存在しない。 「高所恐怖症」などという症状的な病が存在しないように。 人間をはじめ、多くの生き物たちは「自己防衛本能」という、自身の生命活動を守るための機能が自然と備わってる。 精神的な面で、脳内に負荷(ストレスなど)が掛かると、本能的に脳内のホルモン機能のバランスを保とうと、いろんな分泌物が出され、違和感を覚える。
ある一定のバランスにまで戻れば、普段と変わらない生活に戻るが、今の世の中は過密で、不平不満に、イライラが溜まる世の中となり、精神的な面での安らぎが少ない。 単なる土日休みで、普段からの不平不満やイライラを解消するのは不可能に近い。 それだけ、最近の物質主義社会は人類に異様な症状を与える。 しかし、長期的な休みの中で精神を休めるか、その環境にホルモン機能が適応すれば、多少の問題はあれ、生活面に支障を与える程の問題はない。